なぜ特定のがんが末期がんになるか│末期がんの治療方法

末期がんの理由と治療方法

女医

特定部位のがんが末期がんになってしまう理由

多くのがんは、最初、特定の臓器や組織に発生します。例えば、肺であれば肺がん、胃であれば胃がんなどです。この段階で早期発見できれば、病巣を取り除くための手術を行なうことが可能です。しかしながら、気づくのが遅れてしまうとがん細胞は全身に転移してしまいます。全身に転移が始まると、がん細胞は最初に病巣となった臓器や組織の性質を持つため、病巣を特定しないことには薬物がうまく効かないこともあります。そのため、転移を食い止めるように抗がん剤を利用しながら病巣を探す必要がでてきます。複数箇所に転移してしまうと一つだけ病巣を摘出しても改善することはできません。全身に転移してしまうと積極的な治療ができない状態になってしまいます。この症状がいわゆる末期がんとなります。

末期がんに対する抗がん剤などの治療方法

末期がんは箇所によって症状が様々となってしまうため、一概にどういった治療になるとは言えませんが、主に抗がん剤を利用した薬物療法があります。薬物療法は全身療法ともいい、複数の部位にがんが転移している患者にも効果が期待できます。全身のがん細胞に働きかけられる点が最大のメリットとなります。また、末期がんになるとつらい症状が出てくるようになります。たとえば手足のしびれや痛み、呼吸困難などがありますが、こういったつらい症状を抑えるために緩和ケアを行うことで、残された時間を患者さんが自分らしく過ごせるようにしていきます。

肺がんの危険性

風邪を引いた後に咳が長続きしてしまう場合や、風邪のひきはじめかと思ったら咳だけが長続きする場合は肺がんの危険性も出てきます。どうせ風邪だろうと油断せず、数週間以上長続きするようであればがん検診を検討しましょう。

読んでみよう

腎がんと透析患者の関係性

岡山でも透析患者に発症することが多い、腎がんについて説明しています。なぜ一般の人に比べて透析患者のほうが腎がんになりやすいのかなどをまとめているため、参考にしましょう。

読んでみよう

癌性胸膜炎の危険性

胸に圧迫感がり、咳が長続きしているという方は肺がんなどの悪性腫瘍から胸膜に癌細胞が入ってしまい、胸水が溜まっていることが多いです。早期発見に繋げるために主な症状や原因をまとめているため、参考にしてください。

読んでみよう