なぜ特定のがんが末期がんになるか│末期がんの治療方法

癌性胸膜炎の危険性

お腹を押さえる人

癌性胸膜炎の主な原因と現れる症状

癌性胸膜炎を引き起こす原因となる悪性腫瘍は胃癌や乳癌など幾つか種類があります。その中でも、原因として最も多いのが肺がんとなり、他の悪性腫瘍よりも報告されているケースが多いです。具体的な症状としては、咳が出るようになり、深呼吸や咳の際に胸痛が生じるようになります。また、癌性胸膜炎は胸水が溜まるようになってしまうため、この胸水が大量に溜まってしまうと、胸部が胸水によって圧迫されて、自覚症状の一つとして呼吸困難を自覚するようになります。自覚症状がある際には胸膜炎を疑うようにしましょう。喫煙者の人などは肺がんが原因となることも多いため、早めに内科を受診する事が大切です。

癌性胸膜炎の検査方法と治療方法

検査の際は胸部X線検査で癌性胸膜炎かどうかを判断することができます。胸部X線検査で胸水が溜まっていることを確認できたら、胸腔穿刺をすることにより胸水の成分を調べますこの際に水中から癌細胞が照明されれば、癌であると診断されます。この胸水の検査だけでは診断が得られなかった場合には、胸腔鏡を用いて胸腔内を観察することで癌細胞を確認することができます。治療の際には胸腔ドレナージといった器具を使い、胸から胸水を抜く作業を行います。そして胸水が減った状態で抗がん剤などの薬物を投入して、胸水が溜まるのを予防します。また、この際に抗がん剤を全身投与して、他の部位にがんが転移したりするのを防ぐ治療も同時に行う事が多いです。